menu

日本における性病の比率や割合

日本における性病の比率や割合について説明していきます。
昔と比べても今は性病の比率が高くなっていて少し問題になっています。
まだ性病になっている人の割合は全人口の一部分に過ぎませんけどこの割合が増えていく可能性が十分高くなっています。
また、男女ともに性病に関しては深刻な事態になっています。
性病がなぜ増えているのかと言えば性病を多くの人が把握していてもその危機感があまりないという事です。
避妊アイテムとしてコンドームはよく知られていますけどコンドームを使わずに性行為をする人も多いですし、性病はキスやフェラなどでも感染してしまうリスクがあります。
フェラなどをする場合でもコンドームを着用しなければならないですけど、多く人がフェラの時は着用していないです。
また、最近はピルを使用する人も多いです。
ピルは避妊率が高いですけど、性病の感染は食い止める事ができないです。
ですので、ピルだけ使用した性行為は相手が性病にかかっているのなら自分にも感染してしまうリスクは高くなります。
また、性風俗店の人気も性病が多くなっている要因になっています。
このように性病の比率や割合ともに深刻になっていますのでまずは自分自身で注意しなければならないです。

関連記事

  1. 浮気以外の性病について考える男性
  2. 4大性病について説明する男性
  3. 抗生物質の薬
ピックアップ記事
  1. 性病予防法は、昭和23年に制定された、国民の健康の維持と子孫への害を食い止めるための法律です。この…
  2. 紫斑病は、皮膚など粘膜に生紫色の皮疹があらわれます。紫斑病であらわれるのは、ビリルビンやヘモジデリン…
  3. 日本における性病の比率や割合について説明していきます。昔と比べても今は性病の比率が高くなっていて少…
ページ上部へ戻る